製品一覧をご覧いただけます。
トップページ盛岡冷麺のうまい店盛岡冷麺ネットショップ盛岡冷麺について盛岡へ行こう日記掲示板更新履歴サイトマップ

盛岡冷麺をプレゼントします! ★☆★☆                   前のページへ  次のページへ
(名前とアドレスだけのカンタン応募!奮ってご応募ください。)  


◎盛岡冷麺のうまい店 【平壌冷麺 食道園】

「平壌冷麺 食道園」 
東京は大田区、蒲田駅から歩いて数分の通称「くいだおれ横丁」にございます「平壌冷麺 食堂園」をご紹介します。盛岡で40年冷麺を作り続けてきたというご主人の自信の一品は実においしい。

 昔「何も足さない、何も引かない」というお酒の名宣伝コピーがございましたが、まさにこちらの「盛岡冷麺」にあてはまります。麺、スープ、具材、どれをとっても地元盛岡の味そのまま。あるべき姿をきちんと体現しています。盛岡のいずれかの名店が店ごとそっくりそのままここ蒲田にワープしてきたのではないかと思うくらいです。

 透明感と弾力のある太面はのどごしもよく歯ごたえ抜群。。コクのあるトロリとしたスープは旨味滋味に富み、最後の一滴まで飲み干さずにはいられません。2センチほどもある分厚い手作りの大根キムチもシャッキリした歯ごたえとしつこくないほの辛さが絶妙。味付け肉も大きいし、きゅうりの甘酢漬けは他店ではちょっとないほど酸味が濃いめで、これが全体の味を引き締め一段とおいしさを増しています。この工夫は素晴らしい。ぜひお店で体験していただきたいです。

 ほんとにおいしいです。盛岡冷麺ファンにとっては「盛岡」がもう一箇所できたようなものだと言っても良いでしょう。ここで食べれば「俺は盛岡の味を知ってるぜ」と自慢しても神様はお許しになるでしょう。

 特に申し上げたいのはこちらがあくまでも「冷麺」をメインとした個人経営のお店であると言うことです。どちらかというと冷麺は、焼肉がメインのお店の人気メニューという位置づけである場合が多いと思うのですが、盛岡冷麺が、「ラーメン屋」というジャンルがあるごとく、「冷麺屋」というジャンルを打ちたて得る力を持っているのだということをこの「食道園」さんの成功が証明していると思うのです。ぜひ全国各地にこうした個人経営の「冷麺屋」さんが次々生まれ、誰でもいつでもおいしい盛岡冷麺を味わえるようになってほしいと思います。


平壌冷麺 食道園





















ひるがえる「盛岡冷麺」ののぼりが目印。店構えは小さいが味はすばらしい。

平壌冷麺 食道園
まさに本格、正当、王道。盛岡の味を忠実に再現。見た目はシンプルだが味わいは深い。
平壌冷麺 食道園
ビビンバ、クッパなど朝鮮家庭料理の定番も味わえる。
格別のひと品があれば他に豪華なメニューがなくとも客は足を運ぶ。
平壌冷麺 食道園
壁に貼られた食べ方指南。1はともかく、2はそうせずにはいられない。

平壌冷麺 食道園
マスコミでも紹介された。マスコミ口コミ。李下自ずから蹊を成す。

「平壌冷麺 食道園」 

東京都大田区西蒲田7−64−8

電話 03−3734−8951

年中無休

営業 1130〜夜1時(日・祝2300)
       
「平壌冷麺 食道園」の地図や関連情報はここをクリック

前のページへ  次のページへ


メールをお待ちしております。(やざわ)

トップページ盛岡冷麺のうまい店盛岡冷麺ネットショップ盛岡冷麺について盛岡へ行こう日記掲示板更新履歴サイトマップ


Copyright(c).2003 Yazawa Kenji     moriokareimen@mcn.ne.jp  当サイトはリンクフリーです。
「戸田久の盛岡冷麺」
「戸田久の盛岡冷麺」調理例